人生の最初の岐路

日本男子たるものの人生における最初の選択。

それはコロコロを読むのか、ボンボンを読むのか、ということである、なんてことを昔の偉い人は言いました(テキトー)。

もちろん、細かく言えば、Vジャンプ派だったり小学◯◯生派だったり有象無象の弱小野党も存在するでしょうが、それは言うなれば、世間がドリキャスかプレステかで騒いでいる時にバーチャルボーイ買ってる奴みたいな、ま、所謂”その他”ってところでしょう。しかもなかったことになりますねそれ。

ここでちょっと僕のインテリっぷりを示すために、政治にたとえてみましょう。
勢力図的には、コロコロ派が与党、ボンボン派が対抗野党。つまりそういうことです。…あれ、浅い例えで終わっちゃったぞおい。いやいや、もうここが限界。

まあ発行部数のデータとか知りませんが、多分当時、7対3か8対2くらいの割合だったような気がします。
多数派は断然コロコロでした。
今は知りませんが、当時コロコロの説明に要するのは、たった2語。「ちんこ」と「うんこ」です。これだけでもう、ちびっ子達のピュアハートをがっちり掴んで離さない。あとはエッセンスにミニ四駆とかポケモンとかコミカライズしておけばOK、みたいな、実にわかりやすいコンセプト。あと変顔とか。
クラスの人気者達はみんなコロコロ派。コロコロのギャグをパクっちゃ、クラスの笑いを一気独占。コロコロ派はきっと将来リア充になるタイプですね。

一方僕は、少数派のボンボン。
ボンボン派に対する謂れの無いレッテルとして「エロ好き」というものがあります。確かに「がんばれゴエモン」はエロかった。あとガンダム。あとハンゾーとかも。他にも…あ、ごめんエロばっかりだわ。正直、僕の性的嗜好はこの時形作られたといっても過言ではないような気がします。

ボンボンの特徴として、どう考えても小学生低学年以下に向けた内容ばかりなのに、時々とんでもなく難解な…下手すると今の年齢でも読むのに耐えられるような漫画が混じっているのです。まあ今の年齢で漫画読んでるのがそもそもどうなんだ、という話ですが、それはされおき。当時は、わかったようなフリしてわかんないまま読んでいて、それでちょっと大人になった気になり、コロコロ派の下らないギャグを見下しながら、はん、あいつらガキだな、と蓮っ葉に構え、「俺はちょっと違うんだぜ」ポジションで格好つける余り、コロコロ派と決定的に決別していくわけです。しかし世の主流はコロコロ派。当然、野党であるボンボン派は肩身せまい思いをするしかないわけで…しかし、ボンボン派にも希望はあるのです。そこに漂うアウトロー感に女子もイチコロに違いないという微かな希望が…っ!しかも女子共は、そんないぶし銀のボンボン派を認めず、コロコロ派の下らないギャグに、男子ってバカねキャッキャウフフとなんだかんで、明るく楽しいコロコロ派になびいて行く訳で…ああ、そうか、この頃から差がついてたわけか。ああ、なるほどね…うん。な…泣いてなんかないぞ…っ。


ところでなんで急にボンボンの話をしたかというと。

先日、友人と一番好きな漫画ってなに?という話題になり、友人達は、ジョジョとかスラムダンクとかワンピースとか言いやがってからに、なんだ、それ言えば女子にモテるとでも思ってるのかっ!安易に多数派に迎合しやがってからにぃぃぃ!低きに流れるその根性、俺が叩きなおしてやる歯ぁ噛み締めろ!君が、泣くまで、殴るのをやめないっ!みたいな会話をしておりました。こういう世の中で流行ってるものを斜に構えて見る感じは、幼い頃のボンボン読者テイストの残り香を感じずにはいられませんね。
ああ、あと、伊藤潤二作品が好きだとのたまったスズキ君。君と仲良くなるのは、少し怖い。

そういうお前は何なんだよ。と聞かれて、はてさて、なんだろう、と。
まあ先に挙げた三作品も好きですし、いろいろ好きな漫画はありますが、一番好きと言える程、のめり込んだ漫画ってなんだろうと思うと、ボンボンに連載していた「王ドロボウジン」でした。あとその続編になる「キングオブバンデットジン」。

先ほど述べていた、子供向け漫画の中にあって、今でも読むに耐える作品でした。なんで「へろへろ君」と同じ雑誌の中に「メメント・モリ」なんて言葉が出てくるのかと。当時、ストーリーとかよく分からないまま読んでいましたが、ティム・バートン的な独特な世界観や綺麗な絵に、ただただ魅せられていたのを覚えています。

僕が絵において一番影響受けているのは間違いなく王ドロボウジンです。まあ全然レベル違いますがね。もうほとんど芸術レベルの作画でした。

ちなみに作者の熊倉裕一先生はご病気とかで、今はどこにも連載されてないのが悔やまれてなりません。一瞬だけマガジンZで連載された「Q&A」という漫画も良い雰囲気だったんですけどねぇ…。

そんな訳で今日は、一定の年齢層にしか全く分からないネタ満載でお送りしました。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR